VRMにパーツ付けるやつ

VRMにパーツ付けるやつ

※無料版と募金版は同一ファイルです。 ■これなに? VRMにパーツを付け足すことが出来ます。 ■使い方1 1.VRM_PartsAdder.exeを起動します。 2.画面左上の「VRM読み込み」ボタンでVRMファイルを読み込みます。 3.画面左上の「パーツ読み込み」ボタンでパーツのファイルを読み込みます。※1 4.読み込んだパーツの水色半透明領域をクリックすることでパーツを選択します。 5.パーツの位置、向き、大きさを調整します。※2 6.画面右下の各部位のボタンでパーツの装着先を設定します。 7.画面左上の「VRM書き出し」ボタンでVRMファイルを書き出します。 ※1.対応形式は主にFBXとGLBです。   「パーツ読み込み」ボタンの下に3つのトグルボタンがあります。   パーツのテクスチャに合わせて以下のように選択します。   テクスチャに透明部分がない場合は「透明なし」を選択   テクスチャに透明部分がある場合は「透明あり」を選択   テクスチャに半透明部分がある場合は「半透明あり」を選択 ※2.画面左上の「移動」「回転」「大きさ」チェックボックスで操作方法を変更出来ます。 動画 https://youtu.be/LRE6teJd70Y ■使い方2(テクスチャが白い問題の解決) 付け足したパーツが白い場合は以下のツールで対応します。 VRMテクスチャ差し替えるやつ https://120byte.booth.pm/items/2177538 こちらのツールで真っ白になっているテクスチャを探し 付け足したパーツのテクスチャを選択します。 ■使い方3(他モデルからのパーツ移植) 他モデルからパーツを移植することが出来ます。 VRMの初期状態変えるやつ https://120byte.booth.pm/items/3737951 こちらのツールで他モデルのパーツのみが表示されているVRMを作成します。 ※注意:対象のパーツがメッシュで分かれている必要があります。 作成したパーツだけのVRMを「UniVRM」にチェックを入れた状態にして 「パーツ読み込み」ボタンで読み込み装着します。 例 https://twitter.com/120byte/status/1535635325271277568 ■おまけ uniRibbonフォルダにサンプルパーツが同梱されています。 こちらのサンプルパーツで操作をお試し頂けます。 サンプルパーツのライセンス © Unity Technologies Japan/UCL https://unity-chan.com/contents/guideline/ ■作った人 120 https://twitter.com/120byte ■免責 本ソフトウェアの利用により発生した問題は、 本ソフトウェア利用者の責任とし、 本ソフトウェア作成者は一切の責任を負わないものとします。 ■改版履歴 20220401 初版 20220405 パーツ未選択状態で削除ボタンを押すと水色キューブが残ってしまう不具合修正 パーツのテクスチャに合わせた読み込みに対応 20220612a UniVRM式の読み込み対応 20220612b VRM形式のサンプルパーツを同梱 20220612c 拡張子の自動付け足しに対応

About shipping
Shipped from warehouse

These products are shipped from BOOTH warehouse as soon as payment is confirmed.

Shipped from home

These products are packed and shipped from the seller. "Ships within ~ days" are the estimated number of days from when payment is confirmed at BOOTH until the item is shipped.
Items shipped by Anshin-BOOTH-Pack will be delivered anonymously.

Download item

You will be able to download these products from "Purchase History" at any time after payment is confirmed.

Shipped from pixivFACTORY

These products are manufactured and shipped by pixivFACTORY as soon as payment is confirmed.

※無料版と募金版は同一ファイルです。 ■これなに? VRMにパーツを付け足すことが出来ます。 ■使い方1 1.VRM_PartsAdder.exeを起動します。 2.画面左上の「VRM読み込み」ボタンでVRMファイルを読み込みます。 3.画面左上の「パーツ読み込み」ボタンでパーツのファイルを読み込みます。※1 4.読み込んだパーツの水色半透明領域をクリックすることでパーツを選択します。 5.パーツの位置、向き、大きさを調整します。※2 6.画面右下の各部位のボタンでパーツの装着先を設定します。 7.画面左上の「VRM書き出し」ボタンでVRMファイルを書き出します。 ※1.対応形式は主にFBXとGLBです。   「パーツ読み込み」ボタンの下に3つのトグルボタンがあります。   パーツのテクスチャに合わせて以下のように選択します。   テクスチャに透明部分がない場合は「透明なし」を選択   テクスチャに透明部分がある場合は「透明あり」を選択   テクスチャに半透明部分がある場合は「半透明あり」を選択 ※2.画面左上の「移動」「回転」「大きさ」チェックボックスで操作方法を変更出来ます。 動画 https://youtu.be/LRE6teJd70Y ■使い方2(テクスチャが白い問題の解決) 付け足したパーツが白い場合は以下のツールで対応します。 VRMテクスチャ差し替えるやつ https://120byte.booth.pm/items/2177538 こちらのツールで真っ白になっているテクスチャを探し 付け足したパーツのテクスチャを選択します。 ■使い方3(他モデルからのパーツ移植) 他モデルからパーツを移植することが出来ます。 VRMの初期状態変えるやつ https://120byte.booth.pm/items/3737951 こちらのツールで他モデルのパーツのみが表示されているVRMを作成します。 ※注意:対象のパーツがメッシュで分かれている必要があります。 作成したパーツだけのVRMを「UniVRM」にチェックを入れた状態にして 「パーツ読み込み」ボタンで読み込み装着します。 例 https://twitter.com/120byte/status/1535635325271277568 ■おまけ uniRibbonフォルダにサンプルパーツが同梱されています。 こちらのサンプルパーツで操作をお試し頂けます。 サンプルパーツのライセンス © Unity Technologies Japan/UCL https://unity-chan.com/contents/guideline/ ■作った人 120 https://twitter.com/120byte ■免責 本ソフトウェアの利用により発生した問題は、 本ソフトウェア利用者の責任とし、 本ソフトウェア作成者は一切の責任を負わないものとします。 ■改版履歴 20220401 初版 20220405 パーツ未選択状態で削除ボタンを押すと水色キューブが残ってしまう不具合修正 パーツのテクスチャに合わせた読み込みに対応 20220612a UniVRM式の読み込み対応 20220612b VRM形式のサンプルパーツを同梱 20220612c 拡張子の自動付け足しに対応